File118

モデル 竜太郎Ryuutarou

彼の希望は自分で描いた緊縛画のように縛られて写真を撮ってもらうこと。

彼は亜洲亜の国から来たスキンヘッドの40代の方で日本語のメールでプライベート撮影を申し込んでくれた。
彼の希望は自分が描いた緊縛画のように縛って写真を撮ってほしいということだった。
緊縛は本人が購入してくれた「さぶ縄」をメインに使って縛って撮影した。
撮影当日、自分で描いた緊縛画を何枚か持ってきた、
初めはその中の1枚の緊縛画のように、麻縄でスキンヘッドの頭を縛ってから、そのままその縄で猿轡をした。
それから「さぶ縄」で胸と後ろ手に縛ってからうつぶせに寝かせディルドを入れたあと、左足をくの字に折り曲げ太ももと
ふくらはぎを一緒縛り、右足は麻縄で足首を縛り吊り上げて撮影。
そのあと左足の縄と吊った右足の縄をほどいてから、ディルドを抜いて縄での猿轡と胸と後ろ手縛りでいろいろなポーズで撮影。
休憩後、頭の縄をほどいてから、また別の麻縄で猿ぐつわをして別の麻縄で腰から入れたディルドが出ないように縛り、
体を亀甲縛りしてから胸と後ろ手に縛り、右足のひざ上を縛り吊りあげて衝立の上に縛って固定し撮影。
それから吊った足を降ろして縄をほどき、入れたディルドが出ないように縛った尻を強調しながらいろいろなポーズで撮影。
そのあと麻縄でPと玉の根元を縛っていろいろなポーズで撮影、最後は寝かせて両足首交差に縛って撮影して終了した。