刺青Shisei

刺青の男、その耽美。
背なの刺青に畏怖の念を抱きながらもその妖艶な美しさに魅せられる。
陽の光を浴び汗に煌き躍動する刺青の男。
微かな灯のもと生き物のように息づく刺青の男の危なげな妖しさ。
背なの刺青はその男の生き様をも飲み込んで男の魂を支配し動かす。
男達はそんな男と同化したいと願い、男をなかせそして
なかされたいと思う。

祭りの華・刺青写真集

刺青写真集

龍縛