File5
2014.9.24

No1

No3

お仲間が集まる露天風呂のあるスーパー銭湯「K」に着いた。もう時間が11時近くになっていた。
銭湯に入る前に外でシャツの前をはだけさせ縄目がついたDODYを撮影した後中へ。
脱衣所でまっ裸になったXのBODYを点検、しっかり縄目が付いている。
2人で風呂場へ。前に来た時にあった洞窟風呂がなくなりマッサージ室になっていた。
その洞窟風呂は室内の洗い場からも、外の露天風呂からも入れて中が薄暗く、前にそこでいろいろ調教プレイができたので、
今回も洞窟風呂の中で
調教するつもりでいたのでなくなっていて残念。
2人で外の露天風呂へ。お仲間らしい人が何人かいた。ひと通りまわった後外のスチームサウナへ。中に3人ぐらいて別々に離れた
椅子に座り私は中にいる人を観察。Xは前を隠して座っていた。
サウナ室を出た後、大きなつぼ湯に2人で入り、初めは対面に座り、湯の中で乳首とP責めをした後、Xをつぼの淵に両手をのせそこに
あごをつけさせ、前の露天風呂を見ている様子を見ている感じでひざを立たせ尻を突き出すような体勢にさせ湯の中で穴責めプレイをした。
Xは周りにきずかれないように耐えていた。
そのあと、お仲間らしき人が続いて2人スチームサウナ室に入って行ったので、サウナ室に行くことにした。
今度は他人のふりをして私が最初に1人で入っていくので、少し経ったら前をタオルで隠さずにパイパンを見せて入ってきて、私と
離れたところの椅子に座るように命じた。
サウナ室にいる人がお仲間なら必ずドアが開き人が入って来ると、どんな奴か値踏みをするためにちらっとでも必ず見る。
その時身体特に股間を見るので、パイパンを隠さず入ってくる奴がいれば、そいつはすぐにお仲間で変態Mと確信しそのあとそれぞれ
その入ってきた獲物を狙って行動する。その状況の中に放たれたXを隅で観察しようと思っていた。
私が先に入って隅の椅子に座ってXを待っていると、スーチームが止まり霧のようなスチームが晴れて部屋の中がはっきり見えてきた。
そこへXが入ってきたがすぐにタオルで前を隠し椅子に座ったが前を隠したままだ。隣の男がちらちらとXをいているので、タオルをはずす
ように首を振って取れと指示しようと思ったが、Xは顔を下に向けたままだったので指示ができなかった。
最後までXはタオルで隠したままで調教はうまくいかなかった。
服を着た後脱衣所を出てお休み処で上半身を裸にして撮影し部屋に戻った。もう12時を過ぎていた。
10月の調教日を決め、今回の写真は動画もありパソコンの取り入れに時間がかかるので後日の調教日に2人で見ることにした。
最後に、Xに今日の調教でサウナ室に入ってくるときパイパンを隠さずに入って、椅子に座った後も前を隠さずにいろと命じたのに、なぜ
しなかったと聞くと、隠さずにドアを開けたらスチームが消え丸見えだったので思わず隠してしまい椅子に座った後もタオルを外せ
なかったのだと言った。申し訳ございませんと謝り、罰にビンタをくださいと言った。
前の調教のとき軽くビンタしたことがあったがそのときもっと強くビンタを下さいとお願いされたが、その時は聞かないふりをしてスルーした。
今回は、歯をくいしばれとXに言って両ほほに往復3回ビンタをあげた。時間はもう夜中の1時近くになっていた。
玄関でXが靴をはいた後、そこにひざまずかせ口奉仕させた後、立たせキッスをして5回目の調教を終えXは車で帰って行った。
今回の羞恥調教は不完全燃焼に終わった。この調教には時間がかかりそうだ。

File5のメイン調教は、前からしようと思っていたチン毛を剃毛してパイパンにし、緊縛した縄をほどいて縄目がついたままで、
お仲間の集まるスパ銭での羞恥プレイだ。それをすることで、隷奴Xの羞恥心を取り除きいつか公開調教のとき衆人が見ている前に
まっ裸で立たされたとき、いつでもPが勃起できるようにさせるための羞恥調教だ。
月1度の調教では、夜のスパ銭に今まで行けなかったので、今回特別に夕方の6時から調教をすることにした。

夕方6時にXが車で迎えに来た。
部屋に入り玄関先で差し出した首輪をそこでしてからキスをした後、上にあげてすぐにまっ裸になるように命じた。
Xが裸になると目隠しをして手を後ろにして布ひもで簡単に縛り直立不動で立たせ、私は剃毛の準備に取り掛かった。
XのPは完全勃起し、さきばしりが切れることなく糸を引いて床に垂らし続けていた。
今までチン毛剃毛は
周りに少し毛を残していたが、今回は完全にチン毛と玉毛も完全に剃毛し乳首・亀頭責めやPのスパンキングをし、
それを動画撮影した
そのあと椅子に座った私の前にひざまずかせ、乳首責めのあと私のPを口奉仕させ
、穴拡張をした。前回は指3本入ったが今回は
指2本できつかった。
そのあと、亀甲縛りをして、ケツわれをはかせ私服を着せて部屋を出た。

No2

スパ銭に向かう途中、夕飯を取るためにレストランに入った。
注文の品が届いた後、座ったXのBODYの縄が見えるようにシャツの前をはだけさせたり、サラダバーでサラダを取ってきた後席に
座る前にシャツの前をはだけさせて撮影。

夕食を取った後スパ銭に着く前に、どこかで車を止め中で縄をほどく予定だったのでその場所を探し周り公園のそばに車を止めた。
その近くに電車が通っていて踏切があったのでそこ
で撮影。
そのあと車に戻りシャツとズボンを脱ぐように命じて車の中に押し込めケツわれだけで撮影後、まっ裸にして
外に出して
ジャングルジムの
前で撮影したあと、また車に押し込め脱がせたケツわれで目隠しして撮影後、縄をほどいて服を
着せスパ銭に向かった。


ご主人様、昨日も調教ありがとうございました。
また呼ばれ、ご主人様と食事・お風呂に行けて嬉しかったです。
チン毛を全て剃毛され、辱めを受け喜びを感じました。
終わりなき口奉仕をさせられ、ご主人様に尽くせて嬉しいです。

ご主人様の命令で縄目を付けパイパンで露天風呂を歩かされたのは、
ゾクゾク感と辱めを受けている感じで、変態ドMの境地を味わえました。
ただ今回、Xは変態ですけど弱虫でした。

濃厚なキス嬉しかったです。
次の調教を楽しみにしています。

                             ご主人様の隷奴X   
ご主人様昨日も調教有難うございました。
また呼ばれご主人様と食事・お風呂に行って嬉しかったです。
チン毛を全て剃毛され、辱しめを受け喜びを感じました。
終わりなき口奉仕をさせられ、ご主人様に尽くせて嬉しいです。

ご主人様の命令で縄目を付けパイパンで露天風呂を歩かされたのは、
ゾクゾク感と辱しめを受けている感じで、変態ドMの境地を味わえました。

濃厚なキス嬉しかったです。
次の調教を楽しみにしています。」