山での屋外調教から、部屋に戻ると首輪のリードをつけ、ケツを赤くなるまでスパンキングなどして躾けをした。
そのあと首輪を取り外して緊縛へ。初めは正座させ布で目隠しをして両手を大の字に左右に吊りあげ、乳首を指や舌や
歯やクリップの鎖を引っ張り小刻みに振ったりして乳首責め、これから乳首を感度を良くし大きくしていくつもりだ。
そのあと赤い六尺で中央を2回結んで、それを口にかませ目隠しをし、両手首をひとつに結び吊りあげ、途中吊った紐を外し
胸の前で組むように首に紐を回して拘束して、赤い細い組み紐でPの竿と玉の元を縛ってから竿もカリ首裏まで縛って
残した長い紐先を引っ張ったり小刻みに振ったり、竿をスパンキングしたり亀頭や玉責めをした。
そのあと縄をほどき、くっきりついた縄目の跡を撮影。
シャワーをあびたあと、口奉仕させた。今日の調教で口奉仕のあと、私の勃ったPを入れてくださいと何回も懇願されたが
それは調教が終わった後に、調教を頑張った?褒美と思っていたので、4つんばいにさせ穴に刺しこんでその結合部分を
撮影した。今回は初めからハメ撮りをするつもりだったのでライトも気にして2回目だったので上手く撮れた(笑)。
そのあと、あおむけに寝かせ最後にPを2本重ねてしごいて体の上にまき散らして、2回目の8時間にわたる調教を終了した。
最後に私の隷奴になったことの証に首輪を渡した。
これから毎月1回の調教を受けるときには、この首輪を持ってくることを命じた。
私の隷奴を私の前にまっ裸で正座させ、私が隷奴の首に首輪をしたときから、私の可愛い私だけの隷奴の調教が始まる。

File2

No1・No2・No3

2014.7.14

No3

No1

車で隷奴専用の首輪を買いに大型ホ―ムセンターへ。
そこのペット用品売り場で首輪を選ぶ。Xも気に行ったブルーの布製の大型犬用の首輪を選んだ。
車の中で主従関係の契約の印の首輪をしてやった。そして車の外に出て屋上の駐車場で私の隷奴になった記念の写真を撮った。
これから室内のプレイ以外でも私と外出の時は必ずするように命じた。
それから昼食をとるためにステーキハウスへ。
食事をする前に両乳首が見えるまでシャツの前をはだけさせ撮影後、半ズボンを膝までおろさせて食事中を撮影。
食事後、今回の屋外調教の場所撮影によく使う山へ向かった。

途中虫よけスプレーを首輪をしたままでコンビニに買いに行かせた。
山につくと木に縛り付けて、乳首・亀頭責めやスパンキング等調教。そして最後に木に縛った縄をほどき、木にもたれた私の
前に、ひざまずかせ口奉仕させて屋外調教を終了して、山を後にスタジオへもどった。

昨日は有難うございました。
今日は程良い疲れがあります。
それだけ昨日は全身で感じまくっていたという事です。

ご主人様に会いたいという気持ちが達っせられて満足です。
自分用の首輪を頂き有難うございます。
ご主人様の者になったという証で嬉しいです。

野外であんなに興奮出来たのは、変態Mへ進歩している証拠です。
もっと責めて下さい、声を上げたいと思っていました。

来月、お盆明けから月末にかけて和人の野外撮影お願いします。
(滝かその他良い所がありましたら)
その前に調教も構いませんが、調教が速く進んでいつか終わってしまうのが
怖いのです。

昨日は有難うございました。
今日は程良い疲れがあります。
それだけ昨日は全身で感じまくっていたという事です。

ご主人様に会いたいという気持ちが達っせられて満足です。
自分用の首輪を頂き有難うございます。
ご主人様の者になったという証で嬉しいです。

野外であんなに興奮出来たのは、変態Mへ進歩している証拠です。
もっと責めて下さい、声を上げたいと思っていました。

来月、お盆明けから月末にかけて和人の野外撮影お願いします。
(滝かその他良い所がありましたら)
その前に調教も構いませんが、調教が速く進んでいつか終わってしまうのが
怖いのです。

No2

私の隷奴Xの2回目の調教のスタートは、私服のままアイマスクをして直立不動に立たせ、シャツのボタンを私が外し前をひらき
下着の上から乳首を責めた、それだけで短パンの前がテントをはっていく。短パンのチャックを下しいきり立っている
Pを出すと頭の先からユダレ
が糸を引いて床に落ちていった。そのユダレで頭を濡らしP責めした後、私が私服のシャツ・短パン・靴下
を1枚1枚はがしまっ裸にした。短パンの下はなにもはいていなかった。
そのあと椅子に座っている私の前に立たせ、Pと両手でケツを開げさせ指で穴を点検。
そして正座させ私のPを口奉仕させた。
そのあと四つん這いにさせ、少し伸びていた穴の周りの毛を剃毛。穴に私の拳をいつか入れてもらいたいという願望がある隷奴の
ためこれから指とディルドで少しずつ、穴を拡張していくつもりだ。前回は指1本、今回は2本の指を穴は縦長なので入りやすいように
上下に重ねた状態で入れそれを横にしそして両指を広げてすこしづつ拡げる。
そのあと麻縄で亀甲縛りをして途中でPの根元玉を一緒にきつく縛って亀甲縛りをした。
丸椅子を下に抱くようにしてケツを付きだたせて、前回より太めのディルドを差し込み、麻縄でそのディルドが出ないように縄4本でで抑えた。
そして短パン・シャツを着るように命じ買い物と食事のため外出することに。

今回は私の隷奴になった印に専用の首輪を一緒に買いに行くことに決めていた。
引いて


調教の次の朝の隷奴Xからのメール。

「昨日は有難うございました。今日は程良い疲れがあります。

それだけ昨日は全身で感じまくっていたという事です。
ご主人様に会いたいという気持ちが達せられて満足です。
自分用の首輪を頂き有難うございます。
ご主人様の者になったという証で嬉しいです。
野外であんなに興奮出来たのは、変態Mへ進歩している証拠です。
もっと責めて下さい、声をあげたいと思っていました。
調教が速く進んでいつか終わってしまうのが怖いのです。
また1か月もお会い出来なくて寂しいです。」
野外で